パーシャクラブを応援していただいている皆様へご報告


 パーシャクラブ ベーシスト 神村英世が病気療養中のところ、9月5日に永眠いたしました。謹んで皆様にお知らせ致します。
 もう一度ベースを弾くことを諦めずに闘い続けていましたが、残念ながら病には打ち勝てず旅立ってしまいました。
 
 葬儀は、9月7日に多くの友人・知人にご参列いただき厳かに執り行われました。
 これまで応援してくださった多くの皆様に心より感謝申し上げます。
 
 悲報に接し、メンバー・スタッフ一同、現実を受け止められない状況です。
 もう、ステージで一緒に演奏できることが無いと考えるととても辛く胸が張り裂ける思いです。
 
 英世の音楽センスは、ベーシストとしてアレンジャーとしてバンド結成時からパーシャサウンドの要でした。
 英世自身がパーシャクラブのファンで、パーシャクラブのステージが大好きでした。
 
 この先も英世が大事にしてきたサウンドを大切にし、残されたメンバーでパーシャクラブの音楽を伝え続けて参ります。
 それは、英世も望んでいることだと思います。
 今後共、宜しくお願い申し上げます。
 
 パーシャクラブ メンバー一同